【山梨県】反対団体 国中地域でも 富士山登山鉄道構想

2024.07.05


今後の活動方針などについて話し合う「美しい富士山を守る会」の鶴田五郎発起人代表(中央)とメンバー


県 意見交換会 低調


富士スバルラインに次世代型路面電車(LRT)を敷設する県の富士山登山鉄道構想に対し、反対や疑問を呈する声が県内各地で上がっている。地元の富士北麓地域に続き、国中地域でも、市民団体が精力的に反対の署名活動を展開する。県は北麓地域で少人数の意見交換会を実施しているが、希望者がなく中止になる回があるなど、両者の議論は進んでいない。

(前文のみ掲載。年間購読のお問い合わせ

お問い合わせ

ご意見・ご感想・ご質問など、こちらのメールフォームからお問い合わせください。

メールフォーム

記事の使用について

指定の申請書に記入してお申し込みください。FAXまたは、メールまたは、郵送でお申し込みください。

記事利用の申し込み