【山梨県】「気持ち良さそう」ぬいぐるみの動画が話題に(クリーニング403)

2024.06.07

【山梨県】「気持ち良さそう」ぬいぐるみの動画が話題に(クリーニング403)

ぬいぐるみを丁寧にクリーニングする様子が、SNS上で話題を呼んでいる




「気持ち良さそう」

ぬいぐるみの動画が話題に・クリーニング403


近年の「推し活ブーム」で、キャラクターや芸能人などお気に入りのぬいぐるみを旅先に持参する「ぬい活」を楽しむ人が増えているが、いつも一緒だと汚れてしまうことも。「クリーニング403」を県内に約30店舗展開する「ヨンマルサン」(富士河口湖町船津)は、SNSに投稿したぬいぐるみをクリーニングする動画に5万以上の「いいね」がつくなど話題を呼び、国内外から注文が殺到している。


「大切な1点を任せられるクリーニング店」をキャッチフレーズに、ぬいぐるみのほか、キャンプ用のテントやスーツケース、フルフェイスのヘルメットなど珍しいアイテムの注文も受け付けている。

SNSでぬいぐるみの動画の投稿を始めたのは昨年6月から。岩本篤常務(38)によると、持ち主から、「〝うちの子〟は、今どんな感じですか」と問い合わせが来ることが多かったため、「安心してもらうために」と始めたという。動画では、国家資格「クリーニング師」を持つ職人が、ぬいぐるみに蒸気をあてながら丁寧に洗う工程が収められている。投稿には、「気持ち良さそう」「かわいい」などのコメントと多くの「いいね」がついた。岩本常務は「『シュー』という蒸気の音と、シュールな絵面が好評」と話す。

投稿を始めてから、ぬいぐるみクリーニングの注文は前年比2倍となり、昨年は1万点に上った。7〜8割が首都圏からの利用者だ。同社が運営する宅配クリーニングサービスの「ネットで洗濯ドットコム」でも、注文の2割をぬいぐるみが占めているという。

現在、「X(旧ツイッター)」のフォロワー数は4万2000人を超え、海外のフォロワーも多い。月に5組ほど外国人が訪れ、観光を兼ねてぬいぐるみを富士河口湖町の本社に預けていくという。

さまざまなアイテムを扱っているが、「ぬいぐるみは、お客さんの思い入れがひときわ強い」(岩本常務)。このため、配送中のトラブルを懸念して都内からわざわざ来店したり、宅配サービスを利用する際にも「事故に遭わないように」と、交通安全のお守りを添えている持ち主も多かった。そこで、仕上がったぬいぐるみを返送する際に、県内の神社で祈とうした「交通安全」と書かれた同社のステッカーを同封している。

また、注文票の要望欄にぬいぐるみとの出合いやエピソード、特徴などを長文で書き込む持ち主も少なくない。「お客さんにとって唯一無二の一点。ただクリーニングすればいいのではなく、その気持ちを大事にしたい」と作業を担当する社員に共有している。ぬいぐるみは、「推し」のものや、人気キャラクター、動物などさまざまだが、衣装などが複雑なものも多く、「1万点あればほぼ全部が〝違う子〟になる」ため、色移りや接着剤の剥がれなど、「一つ一つ細心の注意を払って作業している」そうだ。

注文増加に伴い、甲府、富士河口湖に加えて笛吹市にも工場を拡大し、現在3工場が稼働。遅くとも2週間以内に仕上げて持ち主に返している。「短納期でクオリティーの高いサービスを提供し、お客さんに喜んでもらいたい。それが社員のモチベーションにもつながっている」と岩本常務。

ほつれの直しや綿の交換など修理にも対応しているという。作業工程によっては、同じものを新たに買う方が安く済む場合もあるだろうが、「メンテナンスしながら、〝この子〟と末永く寄り添いたい」という持ち主の思いに応えるべく、日々、技術を磨いている。

お問い合わせ

ご意見・ご感想・ご質問など、こちらのメールフォームからお問い合わせください。

メールフォーム

記事の使用について

指定の申請書に記入してお申し込みください。FAXまたは、メールまたは、郵送でお申し込みください。

記事利用の申し込み