美術館・博物館トップへ
黒井健 絵本ハウス
山梨県北杜市高根町清里朝日ヶ丘3545-937
TEL.0551(48)3833
入館料
一般600円
小・中学生300円
えほんミュージアム清里共通割引券1000円(大人のみ)
開館時間
午前10時〜午後5時30分
(入館は閉館30分前まで)
休館日
火曜日(祝日の場合は翌日)、12月〜3月
交通機関
JR小海線清里駅から清里ピクニックバス牧場通り南バス停下車徒歩5分/ 中央自動車道須玉ICから国道141号線「丘の公園」入口標識入り1分
駐車場
10台



公式ホームページへ

map161へ
地図をクリックして拡大


 色鉛筆を油でとかす独特の画法で、柔らかく広がりのある抒情的な絵を描き、幅広い人気を持つイラストレーター・黒井健氏。新潟大学教育学部中等美術科卒業後、学習研究社幼児絵本編集部に入社。2年間絵本の編集に携わったのち1973年に退社、フリーのイラストレーターとなる。以降、絵本・童話のイラストレーションの仕事を中心に活動。1983年、雑誌「詩とメルヘン」(サンリオ)に掲載した一連の作品で、「第9回サンリオ美術賞」を受賞。2006年には「またたびトラベル」で「第20回赤い鳥挿絵賞」を受賞。主な絵本作品に、「ごんぎつね」「手ぶくろを買いに」(新美南吉作・偕成社)「おかあさんの目」(あまんきみこ作・あかね書房)「ごろわん」シリーズ(間所ひさこ作・あかね書房)。画集に「ミシシッピ」(ティモシーラーニング文・偕成社)「SWEET TIMES」(小学館)などがある。
 30年以上にわたり、同氏が絵を担当した200以上の出版から、原画を鑑賞出来る施設として2003年に開館。絵の雰囲気と同調するような、ぬくもりある館内には常時30〜40点の作品が展示されており、季節ごとのコンセプトに合わせ、年4回の入れ替えを行っている。
 繊細で温かさ溢れる作品の数々、一部には教科書の挿絵などにも使われており、どこかで見たことのあるような懐かしさを覚える。また、ストーリーにより、同一人物が描いたとは思えないほど全く違う画風とその感性には驚かされる。
 展示スペースのほかにも、太陽の光の中、清里の四季を感じつつ絵本の数々を読むことが出来るガラス張りの読書スペースや、気に入った絵本が買えるショップもある。敷地内にはアトリエも併設されており、月に2度ほど本人によるサイン会やギャラリートークを開催している。


50音リストへ
地域別リストへ
美術館・博物館トップへ
トップページへ
外観










Copyright © YAMANASHI SHINPOU All Rights Reserved.
掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。